FC2ブログ
40代の会社員がセカンドライフープランニングの実行と考察を行っていきます。
DHCオンラインショップ【個人サイト様向け】   富士通    
Google
 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
家で飼っているトイプードルはブリーダーさんがアカナを食べさせていたので、継続して買っています。スーパープレミアムフードだけあって、値段もスーパーですが、便のにおいがほとんどしないのと、60%鶏肉使用による高タンパクによる、食事の量が少なめでいいので、コントロールしやすく、愛犬のためにも、ぜひ食べさせてあげたいドッグフードです。ミニチュアダックスフンドやチワワ、ミニチュアシュナイザーなど小型犬に適しています。幼犬のときには、お湯でふやかして食べさせることをお薦めします。

楽天市場ではドッグパラダイスぷらすニャンで取り扱っています。
お店のアカナはすべて正規品です。
アカナ全商品リストはこちらです

アカナ パピー・スモールブリード 3kg【080424UP5】


アカナ パピー・スモールブリード 3kg
■与え方

他社製品に比べ、アカナは給餌量が少な目であることにご注意ください。他社製品からアカナに移行した場合、アカナ製品は消化率が高いため、犬は小さくて匂いの無い便をするようになります。人間と同じように、犬も大きさ、環境、年齢、活発さによって食べる量は違います。 6ヶ月目までは1日に3回食事を与え、7ヶ月目から11ヶ月目までは1日に2回与えてください。犬の体重に注意して、必要に応じて給餌量を加減してください。犬がいつでも飲めるように、ボウルに新鮮できれいな水を常に入れておきましょう。

アカナ パピー・スモールブリードは成長の早いトイ犬、小型犬、 嗜好性強化で食欲のない犬に向いています。
授乳中、妊娠中、ブリーディング犬、 疲労状態、傷を負った犬の回復食として胃腸が弱い、小麦やグルテンに不耐性を持つ犬に与えてください
小型犬の子犬は急速に成長します。この急速に成長する体をサポートするためには、高品質の動物性たんぱく質と脂肪を豊富に含む食事を与える必要があります。
アカナ パピー・スモール・ブリードは高品質のたんぱく質と脂肪を提供するために、成分の実に60%にホルモンを含まない鶏肉を使用、ひと粒ひと粒においしさが詰まっています。急速に成長する小型犬子犬の筋肉と組織に栄養を与えます。
子犬により高い栄養を与えるために、高たんぱく低炭水化物の成分構成となっております。血糖値をコントロールするベータグルカンなど、重要な栄養素を豊富に含む消化に良いオートミールを使用しております。果物、野菜、植物が健康的なビタミン、ミネラル、酸化防止剤となります。また、プロバイオティクス菌、チコリー、イーストエキスが消化酵素を供給して消化器官の健康と栄養吸収を促進します。アカナオリジナルの鶏肉、ニシン、亜麻の栄養ブレンドが必須脂肪酸(DHAやEPAを含む)を供給、認知・免疫力の発達と光沢のある皮膚と毛並み作りを栄養豊かにサポートします。

■アカナの特徴
-なぜアカナはカナダの 『ベスト・ペットフード』 なのか。-

肉含有量の高さ
犬と猫は本来、肉をベースにした食事を摂るよう体の構造が出来ています。
アカナ製品はカナダ食品検査庁の認定を受けた鶏肉、サーモン、あるいは羊肉を成分の最高60%に使用、他社製品の中でも群を抜いた肉含有量を誇っています。

小麦、トウモロコシ、グルテン不使用
蒸しオーツとライスを使用した低アレルギー性成分構成となっています。
小麦、トウモロコシ、グルテンは犬と猫のアレルギー源になる可能性があり、ペットフードの原材料として好ましくありません。アカナは犬と猫の消化管を保護し健康に保つために、小麦、トウモロコシ、グルテンは一切使用しておりません。
低炭水化物
炭水化物を多く含む食事は犬と猫の消化管の疾病、肥満、糖尿病といった様々な健康問題の原因となります。他社スーパープレミアム製品の殆どと比べて、アカナ製品に含まれる炭水化物の量は大変低くなっています。この低炭水化物成分構成が引き締まった筋肉の形成、健康状態の向上を促進します。

全体のバランスが取れた成分構成
果物、野菜、植物が健康促進の上で重要な植物由来科学栄養素と天然酸化防止剤になります。アカナ製品にはマリゴールド、ユッカ、亜麻、昆布、クランベリー、チコリー、トマト、サツマイモ、ニンジン、ほうれん草が含まれております。

アルバータ州の牧草農地産、世界最高品質の原材料使用
世界最高品質のペットフードを作るためには、最高品質の原材料を使わなくてはなりません。そして、カナダの農場で生産される新鮮な農産物ほど品質が高い原材料は他にはありません。アカナ製品には穀類で育った鶏肉、新鮮卵、蒸しオーツ、ポテト、亜麻、ひまわり、キャノーラなど数多くのアルバータ産原材料を使用しております。

パピー・スモールブリード パピー&ジュニア パピー・ラージブリード
アダルト・スモールブリード プレミアム・アダルト アダルト・ラージブリード
スポーツME4650 アダルト・ライト ラム&ライス
シニア サーモン&ポテト

■高品質の肉を原材料に多く使用

肉含有量の高さ
牛と羊は植物を消化するのに適切な体の構造を持っています。しかし、犬と猫は違います。
犬と猫は肉食で、胃を始点とした短い消化機能と肉の分解に適切な酵素を持っています。

他社製品の多くが肉含有量(最低25%)と低いのに比べ、アカナ製品は最高60%という肉含有量を誇っております。植物性たんぱく質が持つアミノ酸構成では、犬と猫が必要とするアミノ酸をすべてカバーすることが出来ません。例えば、トウモロコシグルテンは犬と猫の健康に必要なグリシン、リジン、トリプトファンを含んでいません。
最高60%の肉含有量
犬と猫は草食ではなく、肉食です。従って肉含有量が高ければ高いほど、犬と猫にとっては良いということになります。アカナ製品は成分の最高 60% に人間用食材の肉原材料を使用しております。
原材料の最初に肉と表示されていても、肉が成分中一番多い原材料とは限りません。
「新鮮」肉には相当量の水分が含まれているからです。
原材料表示の最初の5つに3つ以上の穀類が表示されているペットフードは避けるべきです。

肉たんぱく質?植物性たんぱく質?
ペットの飼い主がペットフードを選ぶ際、たんぱく質量に気をつける場合が多いですが、実際はたんぱく質の原料が何かということの方が重要です。
たんぱく質の原料には 2 つあります。それは肉と植物です。
犬と猫にとって肉は完全なたんぱく質ですが、植物は不完全なたんぱく質です。
完全か不完全かはたんぱく質に含まれるアミノ酸構成によって決まります。

肉たんぱく質
肉たんぱく質は犬と猫に必要なアミノ酸を全て含んでいます。
肉たんぱく質は犬と猫にとって消化率が大変高く(90%以上)、原材料としての質も高いものです。ペットフードの品質を知るためには、鶏肉、魚、あるいは卵たんぱく質の含有量の高さが一番重要な目安となります。

植物性たんぱく質
ペットフードで最もよく使われる植物性たんぱく質は小麦、トウモロコシ、グルテン、そして大豆です。原材料をよく注意して読みましょう。植物性たんぱく質は肉たんぱく質より安価ではありますが、肉に比べて消化率が最低45%とたいへん劣っています。

たんぱく質の消化率
卵白 100%
鶏肉と魚 90%
牛乳とチーズ 85%
トウモロコシ 64%
小麦 54%

アカナの肉含有量の割合
Dog foods 肉含有量 Dog foods 肉含有量
パピースモールブリード 60% SPORT ME 4650 60%
パピー&ジュニア 50% アダルトライト 50%
パピーラージブリード 50% シニア 45%
アダルトスモールブリード 50% Cat foods 肉含有量
プレミアムアダルト 50% キティー 60%
ラム&ライス 40% アダルトキャット 60%
アダルトラージブリード 45% アダルトライトキャット 60%
?
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://40life.blog65.fc2.com/tb.php/97-1b7b30cf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。