FC2ブログ
40代の会社員がセカンドライフープランニングの実行と考察を行っていきます。
DHCオンラインショップ【個人サイト様向け】   富士通    
Google
 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今回は失敗しない家づくりのためのブログ日記と題して
私が家づくりで経験したことをご紹介したいと思います。

私が今年家づくりをすることになったのは、土地の購入からでした。
家づくりや家探しはいづれにしても、人生のタイミングであるわけですが、
私たちは便のいい土地が安くででていることから始まりました。

以前より、完成見学会を見てきたところはあったわけですが、結局そこでは
建てませんでした。
なぜたてなかったかというと、自分たちの理想の家づくりと少し違っていたと
いうのが理由にあると思います。

ではお願いした地元のハウスメーカーに決めたのはなぜだったのか。
いま考えると、理想に近い住宅を見学できたことが大きかったと
思います。その家が手の届く範囲であったことで一気にそちらに
流れていきました。

そこはキッチンも手作りしてあり、家事導線の流れやコスト意識、
工夫やアイデアに対する費用対効果など、現在の住宅づくりの基準は
クリアーしながら、ポイントを押さえつつ、オリジナリティを出す
意欲のある工務店であったのです。

その建築士の方と打ち合わせをしていく中で、その方は私たちが
バイブルのように呼んでいた家づくりの本を興味をもって、
読んでくださり、いくつか雑誌のアイデアを組み合わせながら、
見学させていただいた家にアレンジを加えて行きました。

いい家を見ることは大事ですが、自分たちの家づくりには
当てはまらないこともあります。
そういった時に大事なのが、家づくりのプロからのアドバイスです。
現在の家づくりでは施主の意見を通せばいいと文句ないでしょうと
いう風潮がありますが、これでは確実に失敗するわけです。
なぜ失敗するのか、それは施主は家づくりが初めての場合が
多いからなんです。建てても2、3軒でしょう。

多くの方が初めてであるのに、過去数十軒建てていて、なおかつ自分たちの
趣味や方向性が近い建築士と出会えれば、失敗しないとはいいませんが、
確実にいい方向にいくと思います。

実際私も『ああこうすればよかったかな』と思う事もありますが、
おおむねこれでよかったと思う事が多いのです。
よきアドバイザーとよい見本があれば、自分たちの経験不足を
多少なりとも補えると思います。

人生にあるかないの家づくりを楽しく、進められたことが
なによりうれしいできごとであったと思います。

みなさんがどういう家づくりをされているかはこれからどう
家づくりをされるかはわかりませんが、これだけではこころに
おいていただきたいことがあります。

『家づくりの理想や夢をあきらめない』このことがあれば、
夢のマイホームを叶える原動力になると思います。
ぜひよい家づくりをされ、その家を楽しんでください。

私たちはもうすぐ完成する家を楽しみにしています。
そして、これでよかったなと思える家にしていきたいと
考えています。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://40life.blog65.fc2.com/tb.php/90-f7b875ec
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。