FC2ブログ
40代の会社員がセカンドライフープランニングの実行と考察を行っていきます。
DHCオンラインショップ【個人サイト様向け】   富士通    
Google
 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
為替と株価の巻き戻しが本格化してきました

世界の貯金箱から借りていたお金を返却する時が
きたようです。
さらに外国の金利を受給していた、日本人も外国為替を
返却する時が来ました。

いわゆる、円キャリートレードのより、膨れ上がった
為替や株価がしぼみはじめたほんのはじまりです。
世界的な円による過剰投資がバブルのように
弾けてしまったようです。

以前のバブル崩壊は日本国内に限定されている感じでしたが、
今回は世界を巻き込んでしまった感がありますね。
今後段階を踏んで、投資資金が回収されていくと思います。
世界的バブル崩壊が杞憂になる?か不透明さが
いつ払拭されるかは分からない状態です。

日本でいえば、昨年のライブドア程度の下げが起こっても
不思議ではありません。今回は国内投資だけでなく、
世界からの円キャリー投資引き上げ、円高、世界同時株安と
重なっているわけで、規模が大きいのが特徴です。

脅かしているわけではありませんが、世界がいま
アナウンスしていることはいずれ現実化すると
いうことです。G7でのアナウンスがまさに
それだったわけです。
キャリートレードと円安 まさに今現実となっています。

いまのアナウンスは 『世界はリスク管理をしなさい』と
いうことです。

とりあえず、今週は大きく円高になってきました。
以前にも書いたように、いまは6年分の巻き戻しの
ほんの序章に過ぎないと思っています。

今回のきっかけは中国株価の下落でしたが、その前の
G7のアナウンスが現実化してきた点から
考えると、あのころから予兆はあったようです。

G7前後の動きを改めて確認してみますと、
日銀の利上げ直前円高になっていました。
その後利上げ発表後円安になったわけですが、
非常に違和感を感じました。
というのも他国では利上げではその通貨は買われる
のが普通なのですが、日本は利上げにも関わらず、
売られていたわけです。
ヘッジファンドが大きく梯子を外したのではないでしょうか。

その後高価格通貨である、ポンドの下落に始まり、
世界の通貨が下落を始めたわけです。

日経平均は3日続落しているのが、現状の結果ですが、
この流れはしばらく続きそうです。
2ヶ月程度は変調をきたすと考えます。

アメリカのリセッションが本格化してきました。
住宅市場も販売低迷からREITや住宅ローン返済に
波及するバブル崩壊の第2段階に突入です。

投資する上でリスクは覚悟の上で皆さんも投資されていると
思いますが、多くの投資家は買うことがメインで売ることは
されていないと思います。

信用売りを勧めているわけではありません。
休むも相場ですので、株、投信、為替FXなど一旦手じまいして
様子をみてもいいかもしれませんね。

かくいう私も一旦すべての投資を売却しました。
損切りしたものが大半になってしまいましたが、
また安くなった時に買えばよいわけですから。

多くの方が投資信託をされていると思いますが、
売る、買うは個人のリスク管理に任されています。
リスク管理をお忘れなく。
杞憂で終わればそれはそれでよいわけですから。








スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://40life.blog65.fc2.com/tb.php/76-fec141b1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。