FC2ブログ
40代の会社員がセカンドライフープランニングの実行と考察を行っていきます。
DHCオンラインショップ【個人サイト様向け】   富士通    
Google
 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
昨日、今日とナスダック、NYダウが2日連続下がっています。


5月13日の日経平均株価は一時400円以上の下落後、


結果的に300円を切る下落で終了しました。


いつもであれば、下ひげで悪抜けというのが、セオリーというか


パターンであるのでしょうが、1年振りの2日連続米国の大きな下げまでは


見込んでいないように思います。ただし、日経平均株価は日本特有の


下げすぎる傾向から、月曜は金曜までの下げはないかもですね。


最近の日経平均株価は先物や先物オプション、さらにはワラントなどの


国内投資の影響、さらには、NYの日経先物取引などにより、


先行した流れが現物株や平均株価に反映されてきています。


原油マネーが世界中をインフレに導いており、その流れは


長年デフレで停滞していた日本にカンフル剤を与えているようです。


一旦下げた後、徐々に復活するのではないでしょうか。


かくゆう私もマネックス証券


で投資信託のひとつである、


日本トレンドのコール型であるハイパー・ウェイブを購入しています。


せいぜい、昼休みにトレードするくらいの私にとっては、


ディトレードは無理ですので、ちょうどいいのかもです。


しかし、一日に一度しかトレードできないのが厳しいですね。


投資については、『持たざるリスク』と『休むも相場』、


『もうはまだなり まだはもうなり』などに代表されるように、


下がるリスクにいかに対応するかが重要になってきます。


下がった時に売る ではいつまでも資産は増えないことは


確かですし、下がっても収益を上げられるワラントなどを


組み合わせる必要があるようです。


ワラントには、原油関連や、金、為替など多くの種類が


あるので、試してみる価値はありそうですね。


今後のセカンドライフプランには、資産運用や株式などの


投資は重要ですので、いろいろ勉強していきたいですね。


実際はまだまだの私ですが、長い目で資産運用を考えていきたいですね。


今!個人投資家から注目!「日経225先物取引」


なんかにもチャレンジしたいですね。


いまの運用は余裕資金で行っていますが、今後は


比率を上げて行こうと思っています。


来月からは、具体的なポートフォリオ分配にも着手したいと


思っています。ご期待ください。


証券会社とともに、必須アイテムである


イーバンク銀行
にも口座をもっておくと便利ですよ。


■いままでのYahoo!ブログ検索 キーワード

yahoo ブログ検索 YaHOOブログ検索
Yahoo! ブログ検索 セカンドライフ
投資信託 懸賞日記 Yahoo!ブログ検索
yahooブログ 検索キーワード
ヤフー 検索 広告

■過去の日記に関連するキーワード

グラフ化,数値化,PING,投資信託,グーグルアフィリ,
ブログアフィリ,ヤフー! ,グラフ化
SEO,成約率,ご鞭撻,二極化,
ベータ版,グーグル,手始め,セカンド,楽天
現金化,アフィリ
スポンサーサイト
昨年からの上昇は今回の下げで一区切りついた形に

なりつつあります。
今後どうなるかというのは、『山高ければ、谷深し』に

ならないことを祈るばかりです。


新興市場は昨年2倍近い上昇になり、個人投資家を潤わせました。

信用取引した方などはよい循環を生んでいったのでは

ないでしょうか。

買いが買いを呼ぶ展開となりました。

その中には、投資信託の増加という、見えない個人投資家の姿も

浮かび上がっています。

個人投資家は資金引き上げの早さで有名ですが、投資信託では

どうでしょうか。

銀行や郵便局での取引では、一度に多額の資金を使って、

購入している人もいるかもしれませんね。

銀行としては、手数料で儲かり、後はファンドマネージャーに

おまかせ、さらにインデックスファンドであれば、指数におまかせで

あるので、非情にリスクが減っていいことでしょう。

また、投資信託の積立をして、ドルコスト平均法を活用している方も

いると思います。

いずれにしても、投資は安く買って、高く売ってこそ利益がでるわけで

投資信託の総額が上がると、国策のように、株価が上昇していく可能性が

あります。

今回のような下げの局面では、ドルコスト平均法で買っていた人には

分があると思います。ただ、昨年一気に買われた方は大きくプラスに

なっている方もいらっしゃると思います。


私がマネックスで買っている投資信託はブルベア型ファンドの日本トレンドなので、

下がっても利益が出るリバーストレンドにスイッチングが可能なのですが、

ハイパーウェイブでだいたい運用しています。

このファンドは非常にリスクの高い商品なので、こういった下げの局面には

めっぽう弱いわけです。

日経平均株価の2倍の動きをするので、大きく変動します。

あまりお薦めできるファンドではありませんね。

余裕資金でやっているからこそできる商品です。


ファンドも保険や車と同じく、商品であるという点は見逃しがちです。

商品である以上、物にかわるわけですから、その価値は下がることが

多いのは事実です。

日本人は車を買うのには、カタログなどで慎重に選ぶのに、金融商品や

保険商品には慎重さが足りないと思います。

保険については、比較サイトや合見積などを行っているサイトがありますが、

これからは、様々な金融商品を横断的に比較できるサイトがにぎわってくるかも

しれませんね。


アインシュタインが複利に勝る発明はないと言っていたようです。

私も10年預けていた郵便定額貯金が満期になるのですが、1.2%という

低率(いまでは高率ですが)ながら、10年では税引きでも10%以上の

利息がついたわけで、そういう時代にまた戻ってほしいと願うものです。


まあ、そうなるには、まだまだ長い年月(もしかするともうないかも)

が必要なので、国債が注目されているのでしょうね。

投資信託よりも、国債の方が安全な商品です。

国債は2回分の利率分が引かれるので、3回目以降は

確実にプラスになり、手数料も取っていないところも

あるので、買いやすいと思います。

この先、長期金利や長期国債などの利率が上がることは明らかなので、

長く預けたい人には、うってつけです。


国債などの債券商品にもファンドがあります。

マネックスにはDKA債券ファンドがあるのですが、昨年底を打ち、

最近までの2割の上昇になっています。

私はこの商品に注目しています。

ここ1年くらいは敏感に金利上昇が見込まれるので、現時点から

さらに2割程度は上昇するのではないでしょうか。

(投資に絶対はないので、自己判断でお願いします)


投資については、リスク管理が非常に重要なので、

ハイリスクのeワラントやオプション取引、信用取引などと

リスクの低い安定商品を組合せ、さらに保険商品をプラスすると

より安定的なライフプランになると思います。
株価チャートなんて、いまさらとお思いの方は多いと思います。

実際私もチャートで何が分かるんだよって思ってる方でしたから。

ですが、今回この本を読んで、もっと早く読んでおけばよかったと

思ったんですよね。


かなり、ためになります。初心者から、中級者の方には、

再認識する意味で、ぜひ今一度チャートを見直してはいかがですか。

なんとなく、やって失敗していたことが、このチャート練習帳により、

改善されると思います。

実際のチャートに当てはめてみるとなるほどと思いますよ。是非

本屋さんの立ち読みでもいいから、手に取ってみて下さい。元は取れますよ。

株価チャート練習帳
株価チャート練習帳


続編も出ているようです

【予約】 株価チャート練習帳【スイング&デイトレ編】

ベストセラー「株価チャート練習帳」の第2弾。

今回はスイングトレード、デイトレードなど短期の株取引に焦点を当てて、

チャートの読み方を学べるようです。

こちらも興味ありですね。


この本は実践的な株価チャートの読み方をクイズ形式で学べ、基本技は

もちろん著者の投資体験の中で身につけたワザを惜しげもなく披露しています。

さらに、感情の乱れやパニックへの対処法まで解説されているので、

より株式投資が理解しやすいと思います。


毎日1万円、毎月20万円確実に、そして優雅に稼ぐ技術を身につけるために、

売り・買いのタイミングを身につけるための練習帳形式になっています。

株価チャート練習帳

■目次

第1章 ローソク足を理解する

第2章 移動平均線を理解する

第3章 出来高を理解する

第4章 株式投資の基礎技

第5章 ローソク足の技

第6章 移動平均線の技

第7章 出来高の技

第8章 三位一体で使う技

第9章 オシレーターの技

第10章 リスク回避の技

第11章 卒業テスト


ほかにも、

酒田五法(part 2(超実践編))

買い時・売り時がピタリとわかる株価チャートの読み方新装版

株のトレーニングbook!

儲かる株価チャート集中セミナー

たった7日で株とチャートの達人になる!

など多くの本が出版されていますから、

自分にあったタイプの本で勉強してみてはどうでしょうか?

酒田五法(part 2(超実践編))
酒田五法(part 2(超実践編))


買い時・売り時がピタリとわかる株価チャートの読み方新装版
買い時・売り時がピタリとわかる株価チャートの読み方新装版

株のトレーニングbook!
株のトレーニングbook!

たった7日で株とチャートの達人になる!
たった7日で株とチャートの達人になる!

儲かる株価チャート集中セミナー
儲かる株価チャート集中セミナー


今回参考にさせて頂いたのは、楽天ブックスさんです。

楽天ブックストップページはこちらです。









上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。